【スコーン】狼の口を美しく作る方法

スコーン

今日もスコーン作りました!



我ながらほれぼれするほどの美しいスコーン(ほわわわわわ





スコーンの虜になって早10年ほど。

今まで自分で作っても上手に出来ませんでした。



しかしついに!
マスターしました!!


早速コツをお伝えします。

今回はコツ中心に書いてありますので、レシピなどは載せていません。

どうぞご了承ください。

【コツ1】バターはサイコロ状に切って冷蔵庫に入れておく

バターはサイコロ状に切って、冷蔵庫で冷やしておきます。

私は1cmないくらいのサイコロ状にしていますが、もう少し大きめでもよさそうです。



【コツ2】200度のオーブンで焼きたいので、予熱は210度でする(出来る方は220度。うちのオーブンは210度or250度になってしまうので、210度にしてます)


私最近まで知らなかったんですが、

電子オーブンを使う際は使いたい温度より10~20度高めに予熱するのがいいそうです。

それを知ってから、オーブン料理がかなり成功するようになりました!

ちなみに私は日立のヘルシーシェフ(MRO-SS8)というオーブンレンジを使っています。

もう5年くらい前に買ったので古いです。


【コツ3】小麦粉とバターを手早くねじりこんでそぼろ状にする

サイコロ状に切って冷やしたバターを粉(薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を振るったもの)の中に入れ、指でバターをねじりつぶして(?)ねじり混んでいきます。

指の温度で温まってしまわないように、なるべく手早く終えてください。

また、大きめのボールの方が使いやすいと思います。

私はcottaで購入したこちらのボールを愛用しています。

(どちらのサイズも持っていて本当にオススメ。商品ページへは画像をクリック)

毎日セール開催中!製菓・製パン材料がお得な【cotta】



【コツ3】大雑把にまとめる(粉っぽくてもOK)

そぼろ状になった生地に卵を牛乳を加え、ヘラでざっくり混ぜます。

ざっくりヘラで混ぜたら、次は手で生地を一つにまとめます。

この時、周りに小麦粉がポロポロと落ちていると思うのですが、それを生地の塊にくっつけて無理やり一つにしていく感じです。
ここでキレイに混ぜたり、こねたりしたらダメ

私の今までの失敗原因はおそらくここにあったかと思われるほど需要なコツです!!



このあと、強力粉をまな板と麺棒につけ、生地を伸ばしていきます。


伸ばして折りたたんで、伸ばして折りたたんで。

あまり力を入れずに優しく伸ばします。

強力粉が結構いっぱいついてもOKです!



【コツ4】型抜いたら、側面はなるべく触らない!


型にも強力粉をまぶしてから、型抜きします!

型抜き楽しい~

型抜いたら、側面をなるべく触らないようにしてオーブン皿に並べていきます



それでは、焼きます!!

210度で予熱しておいたオーブンで15分焼いていきます。




出来ました!!!!!

これぞ立派な狼の口!!!!!!


今回もとても美味しそうに焼けました!

狼の口もバッチリではないでしょうか!?


以上の5点を気を付けたら、狼の口がぱっくり開いた美味しいスコーンが焼けるようになりました。


日本では本当に美味しいスコーンが全然売っていません。

なら自分で作ってしまいましょう!

焼きたてのスコーンにクリームチーズとジャムを添えて頂くのが、最近の私の一番の至福の時となっています♡



本当はクロテッドクリームを添えたいんですけどね…

次はクロテッドクリーム作ってみようかな、と考え中です。




以上、参考にしていただけたら嬉しいです♡

タイトルとURLをコピーしました