本格スコーンの簡単レシピをご紹介します【人生が好転します】

スコーン

私のすんばらしく美味しいスコーンを是非みなさんに食べてもらいたい!


しかし残念ながら、私は転勤族で菓子製造業の施設を用意し、販売することは難しいので、

せめて本格スコーンの簡単レシピだけでもお伝えしたいと思います!

私は長年、スコーン作りに失敗してきましたが、この方法を知ってから簡単に本格スコーンを作れるようになり、今では独特のサクサク感と狼の口(割れ目)のある本格スコーンを月に60個くらい焼いています。

みなさん是非お試しください!



本当に本当に美味しいから、

これ食べたら幸せになれるから。



本格スコーンの材料

まずは以下の材料をそろえましょう。

☆薄力粉 200g

☆三温糖 又は グラニュー糖 25g

☆ベーキングパウダー 8g

☆塩 ひとつまみ

無塩バター 50g

卵 50g(1個でだいたい50g。誤差あってもOK)

牛乳 70g

くるみ、レーズンなど 60~80g

強力粉(打ち粉用) 適宜

本格スコーンの下準備


【下準備①】バターをサイコロ状に切って冷蔵庫で冷やしておく


私はいつもバターを1cmくらいのサイズに切ってますが、もう少し大きくてもOK!

サイコロ状のバター


バターを切ったあとは、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

【下準備②】オーブンを210~220度で予熱しておく

生地を焼くときはアツアツのオーブンに入れたいので、生地の準備が出来上がる頃を狙って予熱開始してください。

もしくは、生地は寝かせてもOKなので、絶対にアツアツに予熱されたオーブンで一気に焼くこと!



本格スコーンの作り方


【作り方①】
ボウルに☆の材料を振るい入れ、冷やしたバターを加え、カードかヘラでさっと混ぜ、手(指)で擦り合わせる。


【作り方②】
別のボウルで卵を溶き、牛乳を加えます。その半分を作り方①のボウルに入れ、ヘラで混ぜ、さらに残り半分を加え、またざっとへらで混ぜる。

そこにくるみやレーズンを入れ、手で生地をざっとまとめる。

スコーンの生地


【作り方③】
台と麺棒に打ち粉をする。そこに生地を伸ばし、4~5回生地を折り重ねる。

折り重ねた生地を2~3cmくらいの厚さにする。

折り重ねたスコーンの生地


【作り方④】
型に打ち粉をつけながら、生地をぬき、オーブンシートをしいた天板に並べる。

この時、型抜いた側面をなるべく触らないように気を付ける。

型抜きしたスコーンの生地


【作り方⑤】
200度のオーブンで15分焼く。


焼き上がったら完成!!!

本格スコーン


どうでしょうか。

上手に焼けたでしょうか。そわそわ



ちなみに、こちらの記事では失敗しないスコーン作りのコツを紹介しています。

よろしければご覧ください!



美味しいスコーンが焼けると、自己肯定感が上がります。
自己肯定感が上がると、人生が良くなります。

私はスコーンが上手く作れるようになって、間違いなく人生が好転しました。

みなさんが少しでもスコーンで幸せな時を過ごせますように…♡

タイトルとURLをコピーしました