日本におけるスコーンの需要と供給のミスマッチについて【私の使命はスコーン革命を起こすこと】

スコーン

私はスコーンが大好きです!

娘が生まれてからなかなか作る時間がなかったのですが、

昨日は有休がとれ、娘は保育園だったので、久しぶりにスコーン製作に取りかかりました。

結果から言うと、大成功!!

見てください、この見事な割れ目!

夫に食べてもらったら、大絶賛!!

売れるよ!これ!と大興奮!!



実際、本当に美味しいスコーンってなかなか売ってないんです。

売っていても、パンみたいだったり、

クッキーみたいだったり。

私が思う美味しいスコーンって数少ないスコーン専門店くらいにしか売ってないと思います。


では、なぜ売っていないのか?

それはスコーンの作り方に答えがあると思うのです。


スコーンの生地は泡だて器できめ細やかに混ぜたりしません。

きめ細やかに混ぜたりするのはそれこそ機械の得意分野なのではないかと思います。

それに比べてスコーンはバターと小麦粉を指でねじり合わせて

そぼろ状にして、その後卵や牛乳を加えてざっくり混ぜてまとめる

といった、簡単だけれども人の手が必要な工程が多いのではないかと考えたのです。


人の手がないと本当に美味しいスコーンが出来ないからこそ、

あまり市販されてないのではないでしょうか。




では、売ってない=需要がないのか?

という問題ですが

それは違うと思う!

私のようにスコーンだけの為に電車と地下鉄乗り継いで買いに行く人もいます。

私以外にも美味しいスコーンを求めている人は

供給量よりも多いと思います。

だからこそ!!

私がスコーン界に革命を起こそう!

もっと安く簡単に美味しいスコーンを皆に食べてもらいたい!

そう思い早速手作りのスコーンをどうやったら販売できるのか

調べたところ………



ハードル高すぎた……ぴえん




まず食品衛生責任者の資格を取らなければならないと。

まぁ、それは1日講習を受ければ取得出来るようなのでよしとしましょう。


次、菓子製造営業許可の取得。

保健所での申請となるようですが、施設検査も行われるとのこと。

施設の基準としてまず二十層シンクがなくてはないないらしい。


うち、賃貸です。

転勤族です。

二十層シンクにリフォーム?


無理無理無理無理。

それ以外にも様々な必要施設があります。

(詳しくはこちら生地、じゃなくて記事。参考にさせていただきました。)



じゃぁ、自宅が無理ならシェアキッチンという手があるやらなんやら!


私が住んでいる地域でシェアキッチン・・・

もちろんありませんでした(田舎)



夢、破れたり。

何かいいアイディアがある方教えてください。

タイトルとURLをコピーしました