【網膜色素変性症】障害年金の受給が決定した話【診断書見せます!】

網膜色素変性症

私は網膜色素変性症という眼の障害を患っており、自力で障害年金の申請をしました。

お金はかかるけど社労士さんにお願いすれば良かった…と思う程、手間暇かかって、とっても面倒だった障害年金の申請。

申請してからおよそ半年後、ようやく審査の結果がきました!

ダメだろうと思ってたけど、まさかの障害年金受給決定!!

障害厚生年金3級と認定されました!

障害年金の申請した際に、年金事務所の方に「通常は3か月くらいで結果が出るんですが、今大変混んでるので6か月くらいかかります」と言われていました。

そう、本当に6か月かかったのです(苦笑)

ちなみに私の障害者手帳は1種3級。

年金事務所に行って相談した際も、私の目の見え方だと、受給出来るかどうか本当に微妙なところだと言われていました。

まぁ、今回受給出来なかったとしても、網膜色素変性症は進行性の病気。

見えなくなるのは嫌だけど、いつかは揃えた書類がまた使える日が来るだろうと、楽観的に考えて申請していたのでした。

今、私のように障害年金を申請しようか悩んでいる方や、申請して結果待ちで気になって気になって仕方がない方、また不支給と決定されてしまった方がこのブログを読んでくれていたら、私の目の見え方を参考にしてみてください。

障害年金の受給基準(視覚障害の場合)

眼の障害は、次の3種類に区分されます。

  1. 視力障害
  2. 視野障害
  3. その他の障害(まぶたの欠損障害や眼球・瞳孔の機能障害など)

私の場合、裸眼での直線視力は1.5程度あるので、視力障害には該当しません。網膜色素変性症による視野狭窄があるため、視野障害に該当します。

日本年金機構の障害年金ガイドによれば、「両眼による視野が二分の一以上欠損したもの又は両眼の視野が10度以内のもの」が視野障害による障害年金の受給基準とされています。

障害年金の受給に至った診断書

①ゴールドマン視野計 I/4視標

周辺視野の診断書

ゴールドマン視野計 Ⅰ/4指標は周辺視野の測定に用いられます。

これを見ただけでも、自分って視野狭いなーと思いますが、中心の残存視野が10度以上あるため、これだけでは受給基準を満たせそうにありません。

②ゴールドマン視野計 I/2視標

中心視野の診断書

ゴールドマン視野計 Ⅰ/2指標は中心視野の測定に用いられます。

私はどうやら左目の方が視野が狭いみたいです。

各眼の視野角度を8方向ごとに表したのが次の写真です。

③中心視野の角度

中心視野角度の診断書

8方向平均では、右目が11.6度、左目が7.4度となります。

両目平均では9.5度となりますので、視野は10度を下回っています。

ただしこれは視野計のⅠ/2指標で測定した場合であって、本来はⅠ/4指標で測定した場合に両眼の視野が10度以下である必要があります

①の通り、私はⅠ/4指標では明らかに両眼の視野が10度以上あるのですが、それでも障害年金の受給が決定しました。

これは、あくまで数値だけで判断するのではなく、障害の程度を総合的に判断されているということを示唆しています。

純粋に数値基準を満たしていなくても、障害年金の申請をトライしてみる価値はあるということかもしれませんね。

私は約10年前に網膜色素変性症とわかり、今の見え方がこんな感じです。

日常生活に支障はないものの、運転は出来ないし、自転車も自粛しています。

夜はもちろん何も見えないし、街中では人にしょっちゅうぶつかりながら歩いています。

白杖は所持してはいますが、まだ一度も実際に使ったことがありません。

新卒で入社した会社で今もまだ勤めていますが、業務にも支障が出てきています。

会社が特別な配慮をしてくれない限り、ずっと働くのは無理かな、と感じています。

障害年金の受給が決定して思うこと

正直に言って、複雑な気持ちです。

保障を受けられることが安心感につながる一方、自分の眼はそれほど重い障害を抱えているのだと改めて気付かされました。

とはいえ、年金を受給させてもらえるからといって、それに甘えて生活する気はさらさらありません。

私は今出来ることを私なり精一杯して社会に貢献していきたい。

見えない事を理由にして、何も出来なくなりたくない。

私と同じ病気を患っている方がもしこのブログを見てくれていたら、一緒に頑張ろうと心から伝えたいです。

冷淡な事を言われて傷ついたり、言われなくても態度に示されたり、この病気は周りから見てもわからないからこそ、辛い経験をされている方もたくさんいると思います。

世界中のみんなに自分のことを理解してもらおうなんて無理です。

今を嘆くより、周りを非難するより(私はしちゃっているけど)、一緒に出来ることから頑張っていきましょう!!

障害があることは変えられないけど、日々の行動や生き方、そして未来は変えられるはずです!!!

フレー!フレー!私達ーーーーー!!!!

タイトルとURLをコピーしました