三井住友フィナンシャルグループの株を38万円ほど購入

FIRE

私は網膜色素変性症という目の病気を患っています。

この病気には視野狭窄、夜盲、羞明の症状があり、これらは進行性のもので、年々目が見えなくなってきていることを自覚しています。

目の見える期間に少しでも主体的な人生を歩むべく、FIREを目指して毎月、高配当株を購入し積み立てています。

先日、8月の給料が振り込まれました。

今月は三井住友フィナンシャルグループ(8316)を100株(約38万円分)購入しました。

三井住友フィナンシャルグループの特徴

傘下に三井住友銀行(SMBC)などを置く、3大金融グループの一つです。三菱UFJ、みずほと比べて経営効率が高いのが特徴です。

コロナ禍ではあるものの、日本および世界経済の復調の恩恵を受け、同社の2021年度第1四半期の純利益は前年同期比で2.6倍と良好でした。

2021年度の純利益目標に対し、第1四半期で34%の進捗となっています。

三井住友フィナンシャルグループの株価・配当金・配当利回り

株価:3779円(2021年8月27日)

購入価格:3770円

年間配当金(税引き前):200円

配当利回り:5.3%

配当金支払日:6月・12月

1株3770円で100株を買付、およそ38万円分の投資です。

三菱UFJ、みずほと比べると1株当たりの値段が高いのでなかなか購入できずにいましたが、8月はちょっとした手当がもらえたため、ようやく買えました。

中古車1台買えるほどの金額にもかかわらず、夫は何のためらいもなくポーンと株を購入。どういう神経しているんでしょうね。

一株当たり配当の推移(三井住友FG IRより)

配当金は漸増傾向であり、2021年度の年間配当金は200円の予想となっています。

配当利回りは5.3%。日本企業にしては配当利回りや配当性向が高めですが、決算状況をみても、特段のリスクに見舞われなければ減配する可能性は低そうです。

今回の購入により年末に1万円、税引き後でも8000円の配当収入が新たに見込まれます。

コロナの影響で、わが家では12月はボーナスがほとんど貰えなくなってしまいました。

この配当がちょっとしたボーナスのようなものと捉え、年末を楽しみにしたいと思います。

では!

タイトルとURLをコピーしました