【離乳食後期】白いご飯を食べてくれないので試行錯誤してみた

子育て

今娘は1歳2か月です。

離乳食もかなり進み、少し歯ごたえがあるくらいの固さでも食べれるようになってきました。

しかし、白いご飯だけ何故か嫌われてしまう。。。

1歳になった頃から徐々に大人と同じ硬さのご飯をあげるようになったのですが、いつもおかずばかり先に食べて白いご飯になると、嫌ッ!と言わんばかりに頭をブンブン振り食べてくれません。

そんな娘の為に様々な方法を試しましたので、同じ様な状況のお子さんがいたら参考にしていただけたら嬉しいです!

ご飯の食べ方を7種類紹介します

娘の反応も紹介させていただきますが、お子さんによって好みはもちろん違うと思うので是非お子さんが気に入る方法を色々試してみてください!

鰹節をかける・まぜる

白いご飯に鰹節をかけるか、混ぜるかしてスプーンであげるor一口サイズにまとめて自分で食べてもらう方法です。醤油などは特にたらさず。

娘の反応

この方法を初めてしばらくは食べてくれたのですが、飽きてしまったようで最近は全然食べてくれません。もしくは鰹節だけ摘まんで食べようとする( ;∀;)

小粒納豆・ひきわり納豆

小粒納豆・ひきわり納豆を「ねーばねばねばねばねばーねばっ♪」(某神番組の歌。わかる方はわかるはず笑)と歌いながらご飯と一緒に食べさせてみました!味付けは付属の納豆のたれをパックの3分の1くらいかけました。

娘の反応

小粒納豆は何口か食べたところで頭ブンブンいらないアピール。

ひきわり納豆は一口目から嫌いで二口目はありませんでした…。

すりごまを混ぜる

白いご飯にすりごまを混ぜてみました。ごまは風味があるからいいよ~とママ友から聞いたので、食べてくれるかなぁと期待しました。こちらすりごまのみで、塩味はなしでトライ!

娘の反応

こちらも結局半分くらい食べたところでべぇーっとしたり、ポイポイが始まってしまいました。

海苔で挟む

これは色々な離乳食の本などでも紹介されている方法なので、知っている方も多いと思います。ご飯を海苔で挟んで、その後一口サイズにはさみでカットします。はさみは一度水で濡らしてからカットするとくっつかずに上手く切れますよ♪また、鰹節をまぜたご飯を同じように海苔にはさむのもおすすめです。

娘の反応

最初はパクパク食べてくれるのですが、半分ほど食べた頃から手が進まなくなり、最後にはポイッポイッ…。

おやき

卵半分を溶いて、ご飯を入れ、鰹節と醤油を少々たらして、混ぜて、一口大サイズでフライパンで表裏焼く!大人と同じ硬さのご飯だったらご飯がポロポロなることあり。くっつかないアルミホイルなどを敷いてから焼くと油が必要ないのでオススメです。このくっつかないアルミホイルは離乳食が始まって何回もリピートするほど重宝しています。

娘の反応

今のところこの方法が一番好きです!!しかし全部食べてくれるのは稀であり、先ほども最後の3つくらいを残してポイポイが始まってしまいました。

大和物産 くっつかないアルミホイル 25cm*3m シリコーン樹脂加工(5本セット)

価格:514円
(2021/2/23 10:39時点)

 

市販のふりかけをかける

そのままですが、市販のふりかけをかけて混ぜてみました。赤ちゃん用のふりかけは高いから買いたくなかったんですよね…。でも食べてくれないのが続いたら成長できないし困る!ということで最終手段と思って手を出しました。

一番のおすすめは和光堂 緑黄色野菜ふりかけ ソフト しらすわかめです。

娘の反応

やはり市販のものはすごいですね~!こちらは気に入ってくれました。完食することもあります♪

ベビーフード 和光堂 緑黄色野菜ふりかけ ソフト しらすわかめ[9]

価格:246円
(2021/2/23 10:22時点)

ご飯の硬さを一つ前に戻してみる

娘は今1歳2か月で、一時期大人と同じ硬さのごはんをあげていましたが、食が進まない為、硬さを一つ戻してみました。大人用のご飯に水を適量まぜてチンして少しふやかした状態です。

娘の反応

食が進むようになりました!やはり大人と同じだとまだ硬かったのかな!?確かに良く噛んで食べれていたわけじゃないし、消化にもよくなかったか…。もう少しの間柔らかいご飯をあげることとしよう。

BEST OF ご飯

一つ前の硬さのご飯(やわらかめのご飯)を卵・鰹節・醤油少々でおやきにする方法!これが一番うちの娘は好きです!これなら納得するくらい食べてくれます。

最後に

子供が食べない、食べすぎる、好き嫌いする、など離乳食や幼児食に悩みはつきないですよね。世の中のママさん達も日々工夫をして頑張ってると自分に言い聞かせて、私も頑張りたいと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました